笹川日仏財団とは

笹川日仏財団とは

概 要

笹川日仏財団は、1990年3月23日の首相政令によってフランスの公益法人として認可されました。民間非営利の組織で、「日本とフランスの間の文化及び友好関係を発展させること」をその使命としています。

財 源

日本財団から拠出された30億円(当時約1億3,200万フラン)を基本財産とし、その運用益から収入を得ています。同様の2国間財団は、アメリカ合衆国(本部ニューヨーク)、スカンジナビア(本部オスロ)、イギリス(本部ロンドン)においても設立されています。

理事会

財団の最高意思決定機関は、フランス文化大臣またはその代理人を含む、フランス人8名と日本人7名の計15 名から構成される理事会で、年2回開催されます。

運 営

理事会の決定に従い、パリ本部事務局長が財団の運営にあたっています。東京事務局は、日本から出されたプロジェクトの企画、管理を行っています。

会 計

財団の年次会計報告は、法定監査を受けた後、主務官庁のフランス内務省のほか、関係省庁に提出されています。

理事会

理事には、過去も現在も、政界の知名人やクリエーター、建築家、舞台芸術界のアーティスト、企業リーダー、優れた高官や学術研究者にご就任いただいており、財団としても誇りに思っています。

2017年10月16日理事会

名誉理事

笹川 陽平名誉会長 • 日本財団会長
マリーズ・オラニョン名誉理事 • アフィーヌ社社長

執行理事

冨永 重厚理事長 • STICジャポン代表取締役
ジャン=ベルナール・ウーヴリユー 副理事長 •元駐日フランス大使
イヴ=ルッセ・ルアール幹事 • メネルブ名誉市長、元下院議員
ジョルジュ=クリスチャン・シャゾ監査役 • パリ・サンジョゼフ病院グループ会長
渡辺 昌俊副監査役 • 日本パスツール財団代表理事

理事

ピエール・ボドーリ • エス・ビー・エイ株式会社代表取締役
アラン・ブドゥ • 大学教授、ボルドー大学名誉学長
オリヴィエ・ジェルマン=トマ • 作家
早間 玲子 • フランス共和国建築家学会名誉会員
ダニエル・ラリエ • コンサルタント、元財政総監査官
松浦 晃一郎 • 元ユネスコ事務局長、パリ日本文化会館運営審議会共同議長
高木 雄次 • 元笹川平和財団顧問
田南 立也 • 日本財団特別顧問
渡邊 啓貴 • 東京外国語大学総合国際学研究科教授、公益財団法人日仏会館評議員

情報公開

定款はPDFファイルにてダウンロードいただけます。
1.定款(2007年1月21日修正)
2. 2010年1月28日付フランス内務・海外県・海外領土・地方自治体大臣書簡
3. 定款修正を承認する2010年2月19日付フランス共和国官報

倫理憲章の目的は、当財団が活動するにあたり、あらゆる場面で準拠すべき諸原則および規則を制定することです。
2011年5月23日にテレビ会議で開催された第44回理事会にて策定されました。

活動報告書はPDFファイルにてダウンロードいただけます。

財団の年次会計報告は、法定監査を受けた後、主務官庁のフランス内務省のほか、関係省庁に提出されています。

ニュースレターにご登録ください